私はキンタマを「優しく」舐めます。

まず、初めに普通にフェラをします。しばらく舐めて、いい具合になってきたらまず初めに軽く触ります。爪を立てず、指の腹で撫でるように触りながらフェラを続けた後、舌先で軽く舐めます。優しくなぞるように、舐めた後に玉を口に含みます。この先も勢いよくやるのではなく、優しくそっと口内で包み込むように含みます。歯を立てないようにしながら、口内で唾液でたっぷりと濡らした舌で舐めます。舌全体を使うように、まずは下から上へと舐めたり、飴玉を転がすように舐めたりします。少し疲れたと思ったら、今度は口から離して、玉の裏側から陰茎に向かってゆっくりと舐めます。全体を唾液で濡らすようなイメージでしっかりと隅々まで舐めます。その際に、足の付け根などを舐めつつ玉へと舌先を這わせたりすると、喜ぶ方もいます。
人によっては、右側がいいとか、左側が好きだという人もいるのでそれは反応を見ながらします。
気をつけていることは、絶対に優しくしています。とても敏感であるからです。自分が愛撫されていて、痛い思いをするのが嫌だという方は沢山いると思います。それと同じだと思いますので、優しくそして丁寧に舐めます。
指の皮が剥けていたり、荒れていたりする方はあまり触らないほうがいいかもしれません。それだけでも痛い方もいると思います。また、舐める舌も必ずしっかりと唾液を使って潤してください。
ゆっくりと、丁寧に舐める方が確実に気持ちいいと思います。

この快感を味わった彼女はあなたから離れられなくなる
→ ポルチオ開発法 (AV女優ミュウ)  ←

この記事を共有できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)