ドライオーガズムは男の最高級の快感!貴方は体験した?

貴方は「ドライオーガズム」という言葉を知っていますか?
男性はペニスから射精することによってオーガズムを味わいます。
しかし、このドライオーガズムとはペニスから射精をせずに更にペニスに触れることなくオーガズムを味わえるのです。
そんな信じられないようなドライオーガズムを貴方も経験してみては如何でしょうか?

ドライオーガズムとは?

ドライオーガズムとは男性がペニスから射精を伴わないで感じる性的絶頂(オーガズム)のことです。
またドライオルガズムまたはドライオルガスムスとも言われています。
このドライオーガズムに対してペニスから射精を伴うオーガズムはウェットオーガズムと言われています。

通常男性のペニスから射精するオーガズムに比べて、ドライオーガズムは100倍近い快感と言われ女性のイク感覚と同等の快感を味わえるとされています。
セックスで絶頂を迎えた後に男性はペニスから射精をしたら急激に平常心に戻ってしまいますが、女性が放心状態になっていたりするのは断続的に快感を味わっているからなのです。

このようにドライオーガズムは女性と同様の持続性のある快感を味わえることができます。
簡単に砕いて説明すると男性がペニスからの射精の際に感じる快感が持続するイメージです。
男性のそのペニスの快感は一瞬と言ってもいいくらいに短いですが女性のオーガズムのようにドライオーガズムは持続します。

今までは女性だけがその大きな快感を味わってきましたが、ドライオーガズムによって男性も味わえる夢のような快感です。

ポイント通常では味わえない快感をドライオーガズムで体験できる!

ペニスに触れずにイクって?

この「ペニスに触れずにイク」ですが、男性にしてみれば「何言ってるんだ?ペニスに触らないってお前はバカなのか?」と思われる方も居ると思いますが、ドライオーガズムでは実際に可能なのです。
これは女性で例えるならば、膣内のGスポットやポルチオ更にはクリトリスなどの性感帯を刺激されて絶頂を迎えますが、男性は概ねペニスだけの刺激で絶頂を迎えると一般的に思われているからなのです。

ペニスへの刺激で絶頂を得るという考えは間違いではありません。ペニスへの刺激で射精をして男性は十分に気持ち良いと感じています。

しかし、女性のように大きな快感を得る性感帯がペニス以外に実は男性にもあるのです!
女性のオーガズムに匹敵するといわれているドライオーガズムを味わうにはペニスではなく「前立腺」を刺激すればいいのです。

前立腺を刺激して経験を積めばペニスに触れなくてもドライオーガズムで未体験の快感を味わえるのです。

一部の男性などにしか知られていませんが、結果このようにドライオーガズムなら「ペニスに触れずにイク」ことは十分に可能なのです。

ポイントペニスに触れないのにドライオーガズムで未知の絶頂でイケる!

ドライオーガズムに不可欠な前立腺とは?

先ずドライオーガズムに達するには前立腺がどこにあるのかですが、男性のアナル(肛門)の中にあります。
膀胱の下側に位置していて、アナルから指を入れると腹側に第一関節を曲げた腸壁越しにあるコリコリした突起がドライオーガズムに不可欠な前立腺になります。
この前立腺はドライオーガズムに不可欠な存在なのですが、最初は鈍感なので解りづらいと思います。
何度か触れていると他とは何か違う感覚を憶える場所があると感じたその位置になります。

ここでも「え~アナル!?ペニスじゃないの?汚いじゃん」という声が聞こえてきそうですが、男性同性愛者などでは既に男のアナルを刺激するドライオーガズムは普通のことであり、その同性愛者も昔に比べて世間的に大分認知されてきました。
一般的にはペニスは生殖器でアナルはただの排泄器官と思われますが、女性に生殖器の他に排泄器官の1つでもあるペニスをフェラチオさせたり尿道も存在するマンコをクンニする男性は星の数ほど存在します。
ペニスやマンコを直接口にしない分、まだ男性のアナル内の前立腺を刺激するドライオーガズムほうが衛生的なのではないでしょうか?

遠い昔、まだ人類が言葉さえも上手く話せないような時代からセックス(交尾)が繰り返されて、今の人類が繁栄しています。
その頃はクリトリスやGスポット、ドライオーガズムやアナルなどの言葉もなければ場所さえ定かではなかったかもしれません。

しかし、長い年月をへて認知されて一般的になってきたと思います。
近い将来、ペニスでのウェットオーガズムと同等にアナルの前立腺を刺激するドライオーガズムも普通のことになるかもしれませんね。

ポイント前立腺は男のアナルの中に存在する。ドライオーガズムの先駆者になれるかも!

ドライオーガズムの時にペニスはどうなっている?

これはドライオーガズムという内容なので、そうなのかもしれませんが大きな機関の公式発表なども無く、あくまでも一般経験者などの見解になるのですが

ドライオーガズムの時はペニスは勃起していない

というのが大多数の答えになります。

少数派の回答は「ドライオーガズムの時にペニスは勃起しているが意識がそっちにはいっていない」との事です。

経験者の考説によりますと、ドライオーガズムでアナルが感じている時はペニスを勃起させる必要がないと考えられています。
性的興奮ペニスの勃起と思われがちですが、ペニスが勃起する必要がない場合は反応しないという考えです。

それに加えて脳が強くイメージして勘違いするプラシーボ効果も影響しているのだと思います。
例としては、車酔いする人に「この車酔いの薬はすごく効く」と飲ませた薬は実はビタミン剤なのですが車酔いしなかった。
というのがプラシーボ効果になります。簡潔にいうと強い思い込みですね。

ドライオーガズムの場合だとアナルが女性の膣のようなイメージになり、アナルが気持ち良いと思うほどにペニスに意識がいかなくなり勃起しないと思われます。
また、そう思い込むことがドライオーガズムまでの近道だといわれています。

ポイント個人差はあるが殆どの場合でドライオーガズムでペニスは勃起しない。ドライオーガズムでペニスは意識しないでアナルに集中する。

亀頭責めでドライオーガズムに達する方法

残念ですがペニスの亀頭責めだけでドライオーガズムに達することはできません。
ペニスの亀頭責めだけになると容易に射精してしまいウェットオーガズムになってしまいます。

個人差はありますが、最初は亀頭の快感に意識がいかないようにペニスは触らないで、アナルの前立腺でドライオーガズムを感じてきたらペニスを触るようにする方法が良いようです。

中級者になると逆にアナル内の前立腺を刺激しながら、同時に優しくペニスや亀頭を責める方法がドライオーガズムのコツになります。
ペニスや亀頭責めの快感が少しずつ前立腺に響いていき効果的に作用します。

このことからドライオーガズムの際にペニスを弄ったり亀頭責め等はオプション的な感覚ですると良いでしょう。

ポイントペニスだけ亀頭責めだけではドライオーガズムは成しえない。亀頭責めなどのアナル以外の刺激はオプション感覚で!

男性の本物のペニスを入れてドライオーガズムに達することは出来るか?

結論からお話すると、男性の本物のペニスをアナルに挿入してドライオーガズムに達することは可能です。

しかし同性愛者のゲイなどではなく、ここでは一般的にアナニー(オナニーをアナルですることの用語)でのことになります。
というのはゲイなどの人はアナルでのペニスを使った性行為の経験が豊富なのと、やはり知識も豊富という点において一般的なアナニーとは格が違うからです。

そこで一般的なアナニーでのドライオーガズムに達する方法ですが、上記でも説明しているとおりアナルにペニスを挿入して前立腺を刺激すれば良いのです。

男性の本物のペニスや大人のオモチャをアナルに挿入して、前立腺を刺激すればドライオーガズムは可能なのです。

この時のコツとしては自分が女性になったつもりですると良いです。
女性はペニスを挿入されるときは、こんな感じなのかなとイメージしながら男のアナルを女のマンコと想像して実践してみましょう。。
中にはドライオーガズムの為に女装をする人もいるくらいです。

またアナルにペニスを挿入した側の男性は前立腺に触れているのか解りづらいと思うので、ペニスを受け入れてる側がサポートすると良いでしょう。

ドライオーガズムの快感はとても魅力的ですが、アナルの内部はとてもデリケートなのでローションなどを使用して激しく動かしたりせずに、衛生面を考慮してペニスにはコンドームをして優しく刺激しましょう。

ポイント男性の本物のペニスでもドライオーガズムに達することはできる。アナルの前立腺を刺激しよう!

ドライオーガズムでの精神障害(うつ病等)は大丈夫?注意することは?

このような見出しがあると「何だよ。ドライオーガズムって危ないのか?」と思われる方もいらっしゃると思いますが安心して下さい。
これからドライオーガズムについての注意点をご説明いたします。(と言っても些細なことなのでご安心を

基本的にはドライオーガズムと精神障害の因果関係はほぼありません。
何故ならドライオーガズムは女性がセックスの絶頂を迎えるオーガズムと一緒で特別な何かではないのです。

もし女性がセックスで絶頂を迎えてオーガズムに達して精神障害になるのなら、世界的な大きな事件でニュースになるだろうし、世の中精神障害の女性だらけになってしまいます。

ただ、セックスに関してもドライオーガズムにしても様々な要因が重なりあって、精神障害が発症することも考えられなくはないと思われますので以下のことに注意しましょう。

先ず一番に注意することは「気分が落ち込んでる時にドライオーガズムをしない」ということです。
ネガティブな時はしないで下さい。

その理由は、ドライオーガズムで快感を得てる場合は「副交感神経」が優位な状態になっています。
これは感受性がとても高くなるので、共感や感情移入しやすくなるメリットもあるのですが、逆にいえば一度何かを不安に感じたらそれを増幅させてしまいます。
不安がどんどん大きくなれば精神的に追い詰められてしまうかもしれません。

では、どうしたらいいのか?

勿論、一番良いのは既に説明したとおり気分が落ち込んでる時はしないに限るのですが、他の方法としてはドライオーガズムで絶頂を味わった後にウェットオーガズムで射精をすることです。
これはどういう事かといいますと、ドライオーガズムで副交感神経が優位な状態になり一種の暗示に掛かりやすい状態になっています。(催眠術などでも副交感神経を利用するといわれています)
表現が難しいのですが、そこで射精をすると急速に男性特有の賢者タイム状態になるので余韻を残さないので大丈夫といわれています。(賢者タイムとは射精の後に急に冷めること)

またドライオーガズムの経験を積むことでON、OFFの切り替えができるようになるようです。

少々、難しい説明になってしまいましたが「ネガティブな時はドライオーガズムをしない」
心配ならばドライオーガズムの後に「ペニスから射精をして賢者タイムに入る」などを注意すれば問題ないということです。

ここでのドライオーガズムの注意点はあくまでも心配な方向けの説明になるので、そこまで気にすることなく楽しんで下さい。

ポイント:ドライオーガズムに精神障害との因果関係はほぼない。心配ならばネガティブな時はしない、ドライオーガズムの後に射精して賢者タイムに突入する!

ドライオーガズムについてのまとめ

ここまでで説明したとおり、ドライオーガズムはペニスだけでは得ることができない女性のオーガズムと同等の快感を味わえることができます。

女性のオーガズムは男性のオーガズムよりも何十倍、何百倍も気持ち良いと言われています。
男性が女性のオーガズムをいきなり経験したら気絶するとまで言われている快感。

そんな快感を味わえるのはドライオーガズムだけなのです。

初心者の方の多くは最初にアナルに違和感をかんじて「全然気持ちよくない」と思ったり「前立腺もよく解らない」と思われるかもしれませんが、元々隠された性感帯なので1回や2回、数分で開花する性感帯ではありません。
しかし、根気強く経験を重ねることによって訪れるゴールでは想像以上のドライオーガズムの大きな快感を貴方は体験することになるでしょう。

ペニスで射精する快感とは別次元のドライオーガズムを貴方も体験してみては如何でしょうか?

あなたが、女性のようなイヤらしい声を漏らして、身体がビクンビクンするほど強烈な快感を感じる方法があります。たった1日で到達することが出来る脳神経アプローチが「全く新しいドライオーガズム到達法 – EBS -」です。

 

ここからは既に経験されている方の「ドライオーガズムの体験談」をご紹介しますのでご参考にして下さい。

ドライオーガズムの体験談

ドライオーガズムの体験談1

投稿者
ニックネーム:イチゴちゃん
年齢:27歳
性別:女性
職業:秘密

私のドライオーガズムの体験談をお話します。
ドライオーガズムの体験談といっても正確には私ではなく彼の体験になります。

私が彼のアナルを開発してドライオーガズムを体験させちゃいました。

始まりは、彼とセックスをしていた時でした。

彼は以前からドライオーガズムというのに興味があったらしく、雑誌やネットで調べては自分で色々と試していたそうなのです。

最初は「本当に男の人ってエッチなことばかり考えておバカさんだな~」と思いながら話を聞いていました。
そんな彼の話の中で私のアンテナにピッピッと引っかかる言葉が出てきました。

その彼の言葉は「なんか凄く気持ち良くて癖になるみたいだよ」の言葉です。

個人的趣味が多いに含まれますが、私の彼は客観的に見てもまぁまぁのイケメン。
正直、浮気の心配もしたことがありました・・・。

そこで思ったんです!
ドライオーガズムで私の虜にして、離れられなくしちゃおうって。

ドライオーガズムに協力するよって話すと、彼も望んでたことなので私が手伝うことになりました。

次の日からはドライオーガズムのことを調べまくりました。

そして数日後、シャワーを浴びた後に知識をバッチリ頭にインプットした私のドライオーガズム開発の始まりです。

恥ずかしいなんて言ってはいられません!
彼を私の虜にするんだから!
それまでは私もペニスを欲しがりません!
と自分に言い聞かせ女王様?先生?になったつもりで挑みました。

先ず彼にお尻を向けて四つん這いの姿になってもらいました。
正直、男の人のアナルをまじまじと見るのは初めてで(女性のも自分のですらないですが)アナルってこんななんだ~と思ったのを今でも憶えています。

そしてアナルをペロペロと舐めました。するとアナルをピクピクと反応させながら彼が「ウッ」と声を出すのです。
それを数分繰り返していると彼の息づかいが段々荒くなってくるのが解りました。

それからはアナルにローションを塗って、中指にコンドームを付けて挿入です。

指を入れた瞬間に彼のアナルがギュウっとなったのでインプットした知識を頼りにリラックスしてねと声をかけました。

そして、身に付けた知識どおりに前立腺らしき部分を発見した私はゆっくりと押すように触ってみました。

すると彼が「あっ!何?何これ」と言いながら更に息づかいを荒くするのです。

私は「ここで正解なんだ」と確信したので数分の間継続して刺激しました。

彼は「ちょ・・・これヤバイよ、あっ」と言うと力が抜けたようになってしまいました。

ドライオーガズムになっちゃったかな?
と思い指を抜こうとすると彼がまた声を出し始めたんです。

「あ・・・また、もうダメ」と言ってまたドライオーガズムになったようなのです。

私は「えっ!?」の一言でした。
今ほんの数秒前にドライオーガズムになったよね・・・?

その時ネットで見たドライオーガズムの記事を思い出しました。
男性のアナルのドライオーガズムは持続性がある」と書かれていたことを。

これがそうなんだと思った私は彼の様子を見ながら何度も何度も彼を気持ちよくしてあげました。

お陰さまで彼は私に惚れ直してくれて、以前よりもラブラブになっています。
今では私もペニスをちゃんといただいています。
たまにアナルが疼くようで私に「アナルがムズムズするよ」って甘えてくる彼が可愛いです。

ドライオーガズムの体験談2

投稿者
ニックネーム:アナニー星人
年齢:35歳
性別:男性
職業:会社員

私はセックスも好きですがオナニーも好きです。
セックスとオナニーは別物ですよね?

ある意味オナニーは気持ちいい具合を自分でコントロールできて好きなときにできるのでセックスより回数が多いです。

そんな私ですが何となくネットサーフィンをしていて、いつの間にか読み込んでたのがドライオーガズムのことが書かれてるサイトでした。

そして日々ドライオーガズムへの経験値を積み上げた私はついにレベルアップをしました!

最初は
「ペニス扱いてイクんじゃないのかよ!」

「男のアナルを弄るってなんだよ!」

「ドライオーガズムって何なんだよ!」
と思いながら、そりゃもう苦難の日々でした・・・。
(大袈裟すぎでスイマセン)

そしてついにレベルアップしたあの日が訪れました!

今は声を大にして言いたいです「男のアナルを舐めてました」と!
と言っても知らない男のアナルを舐めてる訳ではありません。

男のアナルに性感帯があるのを知らなかった自分が恥ずかしいという意味です。

いや、本当にもっと早く知っておくべきでした・・・。

ペニスでイクのも気持ちいいですが、しかし!ここに断言します。男はアナルでドライオーガズムでイクのが最高に気持ちいいです!

今思えば、この輝かしいドライオーガズムを手にいれるまで指にゴムを付けて何回アナルを出し入れしたことか・・・。
幾度となくドライオーガズムは俺には向いてないのかなと枕を濡らした夜もありました・・・?
本当に俺のアナルも頑張って育ってくれました・・・涙。
ペニスもアナルに浮気してる俺を優しく許してくれました・・・大泣。

しかし、その努力の結果この世の快感を独り占めにしたかのような絶頂を与えてくれました!

最初の頃よりもドライオーガズムにも慣れて、色々と挑戦しています。

乳首を弄ってみたり、ペニスを刺激したりも同時にするともう訳が解らなくなりそうに気持ちいいんです。
その中でもアナルを弄って亀頭を責めながらのドライオーガズムが最高です!

亀頭の周りとかを撫でるように触ると少しの刺激が膨らんでいく感じになります。

ペニスでイッたりアナルでイッたりして堪能しています。

現在も時間があるときにはアナニーに励んでいます。

あ!アナニーでドライオーガズムになると快感のあまりに少しの時間は放心状態みたくなるのでご注意を!

これを読んでるアナタ!ペニスも良いですがアナルで感じるドライオーガズムはすごくオススメなので一度体験してみて下さい!

あなたが、女性のようなイヤらしい声を漏らして、身体がビクンビクンするほど強烈な快感を感じる方法があります。たった1日で到達することが出来る脳神経アプローチが「全く新しいドライオーガズム到達法 – EBS -」です。

この快感を味わった彼女はあなたから離れられなくなる
→ ポルチオ開発法 (AV女優ミュウ)  ←

この記事を共有できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)