オーガズムと催眠について

1.オーガズムとは

オーガズムとは「快感の絶頂に達する」事、つまり体の奥から突き上げる様な快感が全身を駆け巡り、脳が締め付けられる、又は真っ白になると表現される、性的に最も気持ちの良い感覚の事を言います。オーガズムは、女性であれば誰もが体験できるものと言われていますが、実際に本格的なオーガズムに達する為には、それなりの条件が必要と言われています。まず、体はリラックスした状態であり、脳内は性的に興奮している事が、オーガズムを感じるのにベストな状態と言えるでしょう。

1.2女性には3種類のオーガズムがある

女性がオーガズムを感じる時、その方法や感じ方も様々です。一つ目は、クリトリスに刺激を加えて感じるオーガズムですが、シャワーで刺激を与えたりバイブで刺激すると、早い段階でオーガズムに達する事ができます。しかし、快感は浅く長くは継続しません。二つ目は「中イキ」と言われるPスポット(ポルチオ性感帯)のオーガズムですが、指やバイブ、ペニスで膣の奥の深くにあるポルチオ(子宮口)を刺激していきます。開発まで時間はかかりますが、一度開発されると継続した快感が特徴になります。三つ目は、睡眠中に起こる「夢イキ」になります。男性で言えば夢精と同じく、無意識のうちにオーガズムを感じている状態になります。

1.3オーガズムに達した時の感覚は?

オーガズムに達した時の感覚ですが、まず体の奥底から大きな快感の波が突き上げてくる様に、全身を包み込んでいきます。そして、最高潮に達すると愛液が膣内から溢れ出して、全身がガクガクと震え出したり、膣が収縮してヒクヒクと痙攣を起こす方もいらっしゃいます。また、全身が痺れる様な感覚を覚える場合もあります。オーガズムは体で感じると思われる事も多いのですが、実は脳内から脳内麻薬と呼ばれるドーパミンや、セロトニン、エンドルフィンと言った快感物資が、大量に放出される事でも知られており、最高のオーガズムとは体と脳の両方が司っていると考えても良いでしょう。

1.4オーガズムの演技(フリ)をする女性の心理は?

女性がオーガズムに達している時、実は演技をしていると聞いた事はありませんか?なぜ、気持ちいい筈のセックスで女性は演技をしてしまうのか…。その理由とは、好きな男性に嫌われたく無い、イカないと悪い、単に疲れていて早くセックスを終わって欲しい等、様々な心理が隠れているのです。残念な事に演技をしている最中、女性の意識は快感からシフトチェンジしていますので、そこからオーガズムに導く為には余計な事を考えない様に、意識レベルから変えなければ難しいと言えるでしょう。

1.5オーガズム体験をするには?女性がイク方法は?

オーガズムを体験する為には、緊張感から解き放たれる必要があります。実は体がリラックスしているだけがイキ易い状態では無く、脳内もリラックスしてこそ初めて、イキ易い状態を作り出す事ができるのです。女性がイク方法はクリトリス、Gスポット、Pスポットを継続的に刺激する事でも得る事が可能ですが、性的な興奮を脳内で高めていく事も、オーガズムを感じるプロセスとして重要とされています。オーガズムに導く様に思考をコントロールしていく事は、エッチな事を想像したり妄想も効果的と言われています。

1.6実際のオーガズム体験談

オーガズムで気持ち良かったのは、欲求不満の状態からオナニーをした時でした。元カレと激しいエッチをする夢を見た時に、それが現実なのか夢なのか分からない様な感覚のまま、下半身を触り始めていると下半身に血液が集まり、クリトリスや膣内が膨張した様な感覚と共に、指を使って最高に気持ちの良いオーガズムを迎えてしまったのです。寝起きだったせいか体もリラックスしていましたし、家族が丁度外出していたので、誰にも気を使わず思い切り喘ぐ事ができたのもオーガズムを感じる条件として良かったのかもしれません。

催眠をセックスに応用した場合の女性の反応を記録した動画を「オーガズム催眠の詳細ページ」から見ることが出来ます。

1.7簡単にできる女性がオーガズムを感じる方法3選

オーガズムを簡単に感じる方法は3つあります。まず、一つ目はクリトリスを刺激してオーガズムを得る方法です。刺激を加えるには強めのシャワーやバイブが簡単ですが、バイブを直接クリトリスにあてて刺激を与えると、直ぐにオーガズムに達する事ができます。二つ目は中イキと言われるGスポットと、Pスポットを刺激する方法になります。指で鈍感な膣内を継続的に刺激し続ける事で、深く突き抜ける様な快感を感じる事ができます。三つ目は、睡眠中にオーガズムに達する「夢イキ」です。夢イキはセックスを我慢したり、寝る前にセックスを想像するだけでも達成できると言われており、一度体感すると癖になる女性も多いと言われています。

1.8オーガズムが止まらなかったセックス2選

オーガズムが止まらなかったセックスと言えば、やはりPスポット(ポルチオ性感帯)の快感です。クリトリスで感じるオーガズムとは違い、ポルチオを刺激されている間はずっと下半身全体が痺れる様な感覚が続いたかと思えば、何度でもオーガズムの波が押し寄せてきて、脳まで締め付けられる様な激しい快感が止まりませんでした。そして、Gスポットでも深いオーガズムを感じる事ができました。Gスポットの快感はクリトリスで感じるオーガズムに似ていますが、中から外側まで繋がる様なオーガズムが特徴になります。Gスポットを刺激され続けた時も性的な興奮とオーガズムが止まらず、とても満足できました。

2.催眠とは

催眠とは、催眠術でも知られる様に暗示をかける事により、意識が変わった状態を言います。難しい言葉で表現すれば「変性意識」と言われる状態になりますが、催眠にかかりやすい方ですと、催眠がかかっている時には全く別人格に変わってしまう場合も珍しくありません。また、レモンや梅干し等、酸っぱい食べ物を見た時に、意識で酸っぱいと認識しただけで唾液がでる事がありますが、酸っぱい食べ物でも催眠で甘いと暗示をかける事により、酸っぱい食べ物を見た時に甘く感じてしまうだけでなく、実際に食べた時まで甘く感じる等、催眠によって味覚まで変わってしまう場合もあるのです。

2.2オーガズムと催眠の関係

実は催眠とオーガズムは深い関係にあります。例えば、彼氏の事を大好きな筈なのに、なぜかセックスの夢中に気が散ってしまい、オーガズムを感じる事が出来ない女性は多いと言われていますが、その理由の一つとして、セックス中のだらしない表情を見られたく無い、イクときも可愛いと思われたい、彼を喜ばせる為に気持ち良くならなくては…等、意識が常にどこか別の場所にあるからと言えます。そう言った邪念と取り払う為、催眠により意識をコントロールする事で、セックスが格段に気持ち良くなり、最高のオーガズムも簡単に迎えらる様になるのです。

2.3催眠をセックスに応用すると女性の反応はどうなる?

催眠をセックスに応用すると、女性の体は信じられない程敏感になると言われています。まず、オーガズムは深く何度も連続で起こる様になります。通常のセックスですと、体を愛撫される事で少しずつ気分が盛り上がり、体が反応していきますが、催眠を応用して女性の性を解放すると、意識が大きく変わる事で体に指一本触れていない筈なのに、女性は全身をビクビクと反応させながら、まるでオーガズムを迎えている様に感じ始めてしまいます。快感レベルも格段に上がる為、実際に体に触れた時には、通常のセックスの20倍もの強烈な快感を体感する事になるのです。

催眠をセックスに応用した場合の女性の反応を記録した動画を「オーガズム催眠の詳細ページ」から見ることが出来ます。

2.4催眠をセックスに応用すると麻薬以上の快感!?

催眠をセックスに応用した時の快感は計り知れないと言われています。それは、麻薬以上とも表現されますが、それもその筈、女性がオーガズムを感じるときにはドーパミン、セロトニンと言った脳内麻薬が大量に放出されているからです。しかし、通常のセックスと違い、催眠をセックスに応用した際には、脳内麻薬の量も増加する為、通常のセックスの20倍もの快感を脳内と体で感じる事が可能になるのです。その快感は覚せい剤等の麻薬以上と表現されていますが、脳内麻薬は体に全く害が無い為、実際セックス中毒になってしまう女性の多くは、セックスに催眠を応用していると考えられています。

2.5催眠をセックスに応用すると濡れ具合が桁違い?

催眠をセックスに応用した場合、体にも大きな反応が現れます。まず、あまり濡れない方でも愛液が溢れる様に出てくるのです。オーガズムを感じた後に膣を触ってみると、びっくりするぐらい濡れていたと言う経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、まさにその状態がオーガズムを迎えていないのに、すぐ訪れます。それは、催眠によって意識がシフトチェンジしている為、少しの刺激でも直ぐに体が反応してしまい、常にオーガズムの様に感じてしまうからです。その時の濡れ具合は桁違いと言われており、まるでお漏らしをしてしまった様なレベルと表現される程です。

催眠をセックスに応用した場合の女性の反応を記録した動画を「オーガズム催眠の詳細ページ」から見ることが出来ます。

2.6催眠によって快感物質や愛情ホルモンが分泌

催眠によって意識が大きく変わると、セックスの最中に快感物質が多く分泌されて、史上最高の気持ち良さを感じると言われています。それは快感物質の中でも特に強烈な快感を司るドーパミンが、通常の2000パーセントも多く分泌されるからなのです。また、強烈な快感を感じる事で、同時に愛情ホルモンのオキシトシンも大量に分泌される為、相手の事を愛おしく感じたり、二度と離れたくないと言う気持ちが強くなると言われています。催眠を応用したセックスでは、確実に他の男性とのセックスでは感じる事が出来ない強烈な快感と、深い愛情が女性を支配していくのです。

2.7催眠を使ってオーガズムに達すると

催眠を使ったセックスでは、オーガズムに達した時あまりの快感に、失神寸前まで喘ぎ続けてしまったり、セックス中毒になって男性を強烈に求め続けてしまうと言われています。これまでセックスに対してあまり興味の無かった女性であっても、瞑想を使った事によりセックスの虜になってしまったり、パートナー男性を強烈に愛する様になる事もあるのです。催眠だけでも脳内麻薬であるドーパミンが大量分泌されますので、その状態でオーガズムを迎えた時には、二度と普通のセックスには戻れなくなってしまうのでしょう。

2.8通常のセックスと催眠セックスは何が違う?

通常のセックスと催眠セックスが大きく違うのは、通常のセックスでは体に触れる事で快感を感じたり、興奮を高めていくのですが、催眠セックスでは体のどこに触れる事も無くオーガズムを迎えたり、脳から快感物質が大量分泌される事で、全身がまるで性感帯の様に快感レベルが上がる事と言われています。通常のセックスではクリトリス、Gスポット、Pスポットの刺激によってオーガズムを迎えますが、快感物質が大量に分泌される催眠セックスでは、少しの刺激でも女性の体はビクビクと反応して、性欲を全て解放したセックスを体感する事ができるのです。

2.9催眠を使うと女性は男性器をどれくらい欲しがるか?

催眠を使ったセックスでは、女性がまるで羞恥心が無くなったかの様に、セックスに対して積極的になってしまいます。そして、頼まれてもいないのに自ら積極的に男性器を口に含んだり、男性の上に乗って激しく腰を振ってしまう女性もいるそうです。一度催眠を使ったセックスを覚えた女性は、男性器の大きさや長さは関係無く、挿入した時には激しく感じ始めてしまいます。そして、連続でオーガズムを迎える事も容易になってしまうので、しつこい程に男性器を欲しくて堪らなくなってしまうのでしょう。

催眠をセックスに応用した場合の女性の反応を記録した動画を「オーガズム催眠の詳細ページ」から見ることが出来ます。

2.10実際の催眠セックスでのオーガズム体験談

催眠セックスを実際に体感した時に驚いたのは、自分の意識と反して強烈なオーガズムが脳内と全身を駆け巡り、まるで淫乱の様に感じまくってしまった事でした。どちらかと言えば、男性とセックスをしている最中も冷静になってしまう瞬間があったり、オーガズムを迎えるとすぐに冷静になってしまうタイプでしたが、催眠にかかっている時の私は、まるで別人格の様に男性を求めてしまい、普段は絶対に出さない様な喘ぎ声を上げながら、強烈なオーガズムにどっぷりと浸かってしまったのです。催眠セックスを覚えてからは、常にパートナーとのセックスが待ち遠しく、お恥ずかしい話、催眠セックスが叶わない日には、仕事中も常にパートナーのセックスや男性器を思い出して、パンツの中は大量の愛液で溢れています。

催眠をセックスに応用した場合の女性の反応を記録した動画を「オーガズム催眠の詳細ページ」から見ることが出来ます。

この快感を味わった彼女はあなたから離れられなくなる
→ ポルチオ開発法 (AV女優ミュウ)  ←

この記事を共有できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)