妻のアソコがいつもより濡れていた理由は…。「お客様、お客様の女性器に男性器が当たってしまいましたが大丈夫でしょうか?」

元さんの寝取られ系性感マッサージ Vol.03妻のアソコがいつもより濡れていた理由をご紹介します。

いつものように目覚めた時、妻の下着を脱がして、、

「お客様、お客様の女性器に男性器が当たってしまいましたが大丈夫でしょうか?」と優しく声をかけてみた。

何(笑)みたいな感じでしたが、妻は

「はい。大丈夫です…。」と。

僕は「良かったです。男性器のほうが少し固くなってしまうかもしれませんが、もし、痛かったら言って下さいね」

と、言いながらゆっくり挿入していきました。

妻は、いつもよりも感じているようでした…。

「お客様の女性器に、僕の男性器が今は入っていますが、痛みとかは大丈夫でしょうか?」

妻は「はい。気持ち良くなってきました…」と。。

僕は何か楽しくなってきて、調子に乗って、

「男性器の大きさは、丁度よいでしょうか?もし、サイズが合わない場合は、別の男性器をご用意致します。」

妻は「いえ…、この男性器で大丈夫です。」とものすごく気持ちよさそうにしていました。

だんだん僕も興奮してきてしまい、ゆっくりと動いていきながら

「お客様の女性器が、僕の男性器を絞めつけてきているようです。」と言ったり、

「お客様のお顔の前にもう1本の男性器がありますが、よかったら触ってみて下さい」

と言ったら、妻はますます興奮して腰を激しく振り出しました。

おしまい。

この快感を味わった彼女はあなたから離れられなくなる
→ ポルチオ開発法 (AV女優ミュウ)  ←

この記事を共有できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)