本当にちょっとだけ怖い妖怪お伽話 〜人魚編〜を読んで最高のオナニーを!

日本の同人コミックとは、読み手である男性逹の性欲を、きちんと満たしてくれるので、とても有り難い商品だと言えます。

現在数々のエッチなジャンルのコミックが、豊富に売られています。

この中で最も興奮する事が出来るのが、『本当にちょっとだけ怖い妖怪お伽話 〜人魚編〜』と言われるものです。

『本当にちょっとだけ怖い妖怪お伽話 〜人魚編〜』を描いているのは、オレンジピールズと言うサークルです。

このエロコミックは、可愛い人魚を救って行き、肉体関係となる訳ですが、タイトル名をご覧頂くとお分かりのように怖いお話です。

大人逹は人魚を一生懸命探しています。

何故必死になって、人魚を探し回ってるかと言うと、人魚逹が人間を大好物としている事から、捕まえて食べてしまうからです。

まだ幼い男の子が、人間逹から発見されないように、人魚を匿っていました。

人魚は大変美しくて巨乳の持ち主でもあった為、人間を食べるとは全く信用していません。

人気のルックスは全体的に優れているのですが、大きな胸が特に魅力的です。

そんな美乳を剥き出しにして、堂々と見せているので、まだ小さな男の子は完全に硬直して、すっかり緊張してしまいます。

人魚との会話により男の子は、『段々と弱って来ているの』と告げられます。

男の子は人魚を助け出したい一心から、『どうすれば良いの?』と尋ねて行きます。

人魚は『精が欲しい‥』と答えて来ます。

すると男の子は人魚の要求通りにSEXをやって行き、人魚のマ○コの中へと大量に射精して行きます。

人魚もたわわに実ったオッパイを、激しく揺らしながら、イヤらしい喘ぎ声を沢山発して、驚くような淫乱ぶりをたっぷりと魅せ付けて来ます。

※画像は巨乳を通り越して、丸でマシュマロのような、いかにも気持ち良さそうな感じがする、素敵なオッパイです。

時間の長さを忘れて、エッチをやり続けている内に、人魚の尾びれが次第に人間の足へと変わって行きます。

人魚は中出ししてもらい、精液でグチョグチョになったアソコを開いて行き、男の子に見せて行きます。

『マ○コからドクドクと溢れ出る精子』と想像しただけでも、刺激的ですよね。

人魚の尾びれが人間の足へと変化してから、更に過激なエッチがスタートして行きます。

幼い男の子の新鮮な精液を、全部搾り取るようにして、もっと淫らに責めまくって来ます。

ヤバい位に幾度も腰を振られて、精子を吸い取られてしまいます。

男の子は限界に達して、ぐったりしてしまいます。

人魚は無事に助かったのですが、タイトルにもある通り『ちょっとだけ怖い』のシーンを、まだ紹介していません。

これより先が本当に恐ろしいストーリーの部分です。

人魚は妊娠して赤ちゃんではなく、産卵するのですがそこから先は話せません。

小さな男の子がどうなったのか気になりますよね?

『大人の注意をちゃんと聞いて守っていれば良かったのに‥』と言う感想です。

その続きは実際にご覧頂いて、直接確認して見て下さい。

※人魚の美少女キャラの胸・お尻・太ももなどが、ムチムチとしている為、絶対に抜ける事を自信を持って保証します。

【アダルトコミック】
【DMMコミック】同人:本当にちょっとだけ怖い妖怪お伽話 SP/PC


【アダルトボイス無料体験版あり】
【DMMコミック】同人:お姉さんサキュバスのザーメンミルクレシピ(直タイトル) SP/PC

この快感を味わった彼女はあなたから離れられなくなる
→ ポルチオ開発法 (AV女優ミュウ)  ←

この記事を共有できます。