ポルチオって凄い!イッてもイッてもイキ足りないんです!

女性には沢山のオーガズムに達するツボがあると言われていますよね。そのツボを知っているかいないかで人生が全く変わるとも言われているそうです。私はそんなツボを知ってしまって人生が変わった1人です。そのきっかけは彼氏がバ◯アグラを飲んで寝てしまったことでした。その日はお休みの前だったので、いつもより頑張るぞと言ってホテルに行く前から飲んでいましたが、色々と遊び回っていたせいか疲れてしまいベッドに横になるなり眠ってしまったのです。色々されることを期待していたのに肩すかしを食らってしまい、寝ている彼を見て怒りが込み上げてしまいました。そこで、仕返ししてやるぞと思い彼のパンツを脱がすとフェラチオを始めました。

面白いようにムクムクとあそこが大きくなり始めて、赤く充血し始めた時は驚きと同時にすごくエッチな気分で、彼のを早く挿入したいと思ってフェラもより激しさを増します。唾液でベタベタになったペニスの根元を握ると、私も自分のおまんこを弄りました。既に愛液が滴り落ちていたので彼の上に股がりズブリとインすると、いつもより圧迫感があり彼のあそこが膨張してガチガチになっているのを感じて、興奮してきます。クリを中指で小刻みに刺激しながら、いつもは恥ずかしくてできない騎乗位を楽しみます。お尻穴の裏側に先っぽが当たるように、お尻の位置を動かしてみたり、回してみたり、Gスポットを重点的に擦るようにブンブンと腰を振ってみたり…とやりたい放題な感じで時間が過ぎて行きました。

そのうち膣の奥の方に出っ張った場所があるのを発見、亀頭が触れてはブルンと跳ね返されるような感覚があり、痛いけども、もっと触れさせたい気がしてよく分からなくなってきたのです。とりあえず気持ち良いので腰を振り続けていましたが、クリやGスポットに血液が集中してきたのか、イキそうになったのでそれを誤魔化そうと、奥の痛気持ちいい場所に亀頭を更に押し付けて震わせてみると、奥、クリ、Gスポット全部の気持ち良さが一つになり、潮を吹きながらこれまでのセックスでも経験した事のない、最高の快感が脳内と体の隅々を突き抜けていったのです。気持ち良さげに寝ている彼の両腕を掴みながら「いっっぐう〜!」と体をのけぞらせて結合部分をビシャビシャにしながら何分間もイッたような状態になりました。

彼は少し眉間にシワを寄せて、ブルっとしていたように思いますが、直ぐにでも今の快感を味わいたくて、バ◯アグラが効いている間に再び股がって、彼のを入れてしまいました。ググッと奥まで入れると痛みがあったはずなのに、今度は何ともありません。まるで開かずの間が開くように連続で、その出っ張りを亀頭で震わせてはクリも触りながらイッたり、彼に背中を向ける形で上下に動きながら乳首を摘んだり、こんなにエッチな体になり何度もイッたのは生まれて初めてでした。これがポルチオの仕業と気が付いたのは、後にインターネットで調べて知った事ですが、その日を境に彼氏が執拗にポルチオを突きたがるので、きっとあの日は彼も私の激しさに、途中から寝たふりをしていたのかもしれませんね。

彼女のポルチオを開発して、セックスの時に何度も連続でイカせ続けると、彼女はあなたに精神的に依存して、あなた無しではいられなくなるかもしれません。そんな禁断のスイッチを押してみたいなら「ポルチオ開発法 (AV女優ミュウ)」をご覧下さい。

おすすめ情報
オーガズム催眠
第3の性感帯シークレット動画講座
オーガズム・チューニング
全く新しいドライオーガズム到達法 – EBS –

この快感を味わった彼女はあなたから離れられなくなる
→ ポルチオ開発法 (AV女優ミュウ)  ←

この記事を共有できます。